読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇特なブログ

「殊勝に値する行いや心掛け」を意味する、奇特な人になる為のブログです

自分を正当化し続けるのは止めましょ

良く聞く話で、
「私は悪くない! ?が悪い!」
というのがあります。
?の中には、
「親・子供・国・政治・社会・会社・上司・部下・医者・患者・学校・先生・生徒」
などが入ります。
要するに「自分以外の全てが悪い」と言いたい様です。

では、どうしてこういう事を言うのか。
多分、
「自分に自信が無い。だから周りを攻撃しないと自分がやられてしまう」や
「攻撃されて、改善する為に努力するのが嫌だから攻撃する」
と思っているからではないかと思います。
確かにやられるかもしれませんし、
努力したくても出来ないのかもしれません。

でも、
「あなたが思っている程、攻撃してくる人って少ないよ」って思うんですが。
個人的には無作為に100人選んだら、

A.5人→悪。攻撃度高い。自己防衛度高い。他者防衛度ゼロ。
B.15人→非悪。攻撃度普通。自己防衛度高い。他者防衛度低い。
C.60人→非良。攻撃度低い。自己防衛度普通。他者防衛度普通。
D.15人→良。攻撃度ゼロ。自己防衛度低い。他者防衛度高い。
E.5人→良。攻撃度ゼロ。自己防衛度ゼロ。他者防衛度高い。

大体こんな感じだと思いますけど。

また、「努力したくても出来ない」とありますが、
「ゴメンナサイと謝る努力」も出来ないのでしょうか。
貴方の周囲の人間は、一切やっていないのでしょうか。

まあ、とりあえず良いでしょう。
以下に、分類毎に許容ラインを書いてみます。

1.未成年
→これは仕方ないでしょう。

2.私は悪くないと他人に攻撃する
→まあ、良いでしょう。

3.私は悪くないと言い続ける
→良いですよ。独り言なら。

でも、

4.私は悪くないと他人に攻撃し続ける
→個人的にはお付き合いしたくありません。

し続けるって、学習能力が無いのでしょうか。
多分、学習する「気持ち」が無いのではないでしょうか。

こういった言動は、一時的には良い思いをするかもしれません。
しかし結果として人も離れていき、
自分の首を締る形になると思います。
なので、孤立しても生活や仕事が出来る人なら別に良いのですが。
孤立するのを分かっていてやっているなら。
少数精鋭という言葉もありますし。

また、どういう言動を取る人がこの特徴に当てはまりやすいかというと、

1.かなり短気
2.当たり前・絶対など断定口調の頻度が多い
3.楽にお金が儲かると言われている商売をしている人
4.お礼が少ない
5.自身がバカにされるのを極度に嫌がる

の様な気がします。皆さんくれぐれもご注意を。

参考

書籍:悪いのは私じゃない症候群 - 香山 リカ著
http://www.amazon.co.jp/dp/4584122393