読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇特なブログ

「殊勝に値する行いや心掛け」を意味する、奇特な人になる為のブログです

貴方の常識は相手の非常識

よく聞く言葉に、
「当たり前」や「絶対」等が有ります。
「?するのが"当たり前"」や、
「このやり方で"絶対"間違いない」といった使われ方をすると思います。

では、
「当たり前の根拠」って何でしょうか?
貴方にとっては当たり前なのでしょうが、
相手やひいては世間にとって「本当に」当たり前なのでしょうか?

それでも当たり前というのなら、
せめて相手の価値観・人生・哲学などを理解してから言いましょう。
理解したら、おそらく当たり前だと思わなくなると思います。
もしくは、世間へアンケートでも取って、
それが当たり前だという証拠を掴んでみましょう。
おそらく、「当たり前が当たり前じゃなかった」結果になると思います。

また、「絶対の根拠」って何でしょうか?
時と共に変化する中で、果たして絶対って存在するのでしょうか?
過去の実績ですか?
その時はそうだったかもしれませんが、では今はどうでしょう?
皆が言っているですか?
同じくアンケートを取ってみましょう。
勿論、アンケートは「自分と違う価値観の人も含めて」にはなりますが。

これらの言葉を使う頻度が多い人は、
不安を隠したいのではないでしょうか。
断定的な言葉なら、相手が信じ込むだろうと思って。
でも、不安なら不安だと認めれば良いと思います。

貴方の常識とは、
貴方が生まれ育った中で身に付いた物だと思います。
逆に、相手にも同様の物が存在するはずです。
性別・年齢・出身地・家族構成など、あらゆる物が違う中で、
「貴方の常識が相手の常識」であることは、
あまり無いのではないかと思います。
相手の常識を非常識と決め付けずに、
まずは聞いてあげれば良いのではと思います。
それでも非常識だと感じたら、
「そっと」指摘してあげれば良いのではないでしょうか。