読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇特なブログ

「殊勝に値する行いや心掛け」を意味する、奇特な人になる為のブログです

望ましい社会の「カタチ」を考える

さて、まずは注意点を。
ツイッターの方でもちょくちょく呟いていたんですけど、
「思想の差異が問題じゃない、倫理と道徳観が低下しているのが問題だ」という話なんですけど、
これ、今回の元ネタの真・女神転生?(以下、メガテン)では、
思想的な話しか出てきていないんですよね。多分。
なので、ちょっとごっちゃにすると難解になるということで、
今回は思想についてのみ書いてみたいと思います。

じゃあ、本題に。
望ましい社会のカタチというのを考えてみたいと思います。
といっておきつつも、望ましいカタチなんていうのは個人によって違いまして、
むしろ、どういうカタチを望むのかを考えるって方が大切だと思います。
そういった意味で、メガテンは良い役割を果たしていると思いましたね。
プレイヤー(ゲームをしている人)に対して、上手に「ナビゲート」してくれてます。

ゲーム中で出てくる、秩序を重んじる(ロウ)思想、
個々の自由を重んじる(カオス)思想、
上記どちらにも属さない(ニュートラル)思想。
正直、それぞれにメリット・デメリットがあって、
結局は、「個人の好みで決まる」んだと思うんですよ。
なので、上記3つそれぞれの「特徴」を、以下に書いていってみたいと思います。

1.ロウ

顕著な特徴として、
「場や治安が乱れないので、平和が保たれる」というのがあると思いまして、
これはこれで、確かにそうだと思うんです。
あとは、「誰にとって」平和が保たれるかでして、
ゲーム中でも出ていましたけど、高級階級と低級階級みたいなものがありまして、
低級は高級の言う事だけ聞いていれば良いと。
100歩譲って、高級が「とてつもなくしっかりしている」なら、
まぁ、これでも良いんじゃないかと思うんですけど、
個々の望んでいる事を全部吸収して、その上で平和を成立させられるのかという疑念が生じますね。
仮に、高級と低級で、同じ本が欲しいという状況になって、
でも、その本は高級にのみ読ませられる本だとしたら、
その時点で、不公平になっちゃうじゃないかと。
なんで、同じ人間なのに、低級は読んじゃいかんの?って。
生まれた階級だけで人生決められてしまうのは、
低級にとっては、納得いかないと思いますね。
そこには、まるで「自由」も「選択権」も無い。
「夢」を望んだところで、高級が考えてあげるから、何も考えなくて良いですよと、
一蹴されてしまうわけです。
なので、最初の方に書いた、「誰にとって」っていうのは、
「高級にとって」となってしまうわけです。
ちなみにコレ、高級の子供は良いんですけど、
低級の子供も犠牲になりますね。
夢を考えることさえ出来ない子供、可愛そうじゃないですか。

ただ、「こうやってやれば、ロウの人間だけでも成立させられる」っていうのがあれば、
是非、ご意見を聞いてみたい所ではありますね。興味はすごいありますから。
僕的には、「良い悪いの話じゃなくて、上手く成立させられるイメージが沸かない」ってだけですので。

2.カオス

「自由」、すなわち「やりたい放題」。階級や性別ではなく実力こそ全て。
とても魅力的な言葉に感じる人も多い(上記の、低級の人間の方々だと思いますけど)と思います。
ところが、これはこれで問題がありまして、
単純に、実力が無い人どうすんの?と。
「保護」なんて言葉は、カオスな思想には当然無いと思うんですね。
なので、当然死んでいくと思うんです。
で、これ、当然自身にも当てはまる話なので、
自分が死なない為に、自分の強みを伝授しないで、ライバル増殖を防ぎにいくと。
少なくとも、正直僕がこの思想なら、そういう行動取りますね。
だって、死にたくないですから。
ただ、人類の歴史において、あらゆる事を「伝授」っていうのは当然あったから今があると思いますので、
こちらは、継続性が怪しいんじゃないかと思いますね。

なので、カオスもロウと似ていて、
「こうやってやれば、カオスの人間だけでも継続させられる」っていうのがあれば、
是非、ご意見を聞いてみたい所ではありますね。
いや、割と本気で。

3.ニュートラ

「中途半端」とも言えるし、「バランスが取れている」とも言えるし、
「自然」とも言えると思います。
欠点としては、「過保護」な人や、
「自由重視」な人には厳しいと思いますね。
カオス程ではないんですけど、
「自分でどうにかしろ」という側面がありますし、
かといって、「自由ばかりでもないよ」という側面もありますから。
個人的には、ニュートラルだけなら、無理なく成立して継続させられるのではと思うんですけど、
これだけ「弱体化」している日本の現状を見るに、
多分、それも難しいだろうなぁと思ってます。
ちなみに、福澤諭吉学問のすすめって本が言ってるのは、
みんなニュートラルを目指せって事の様に感じましたね。

で、日本に関して言うと、
ロウの人間が大多数で、ニュートラルとカオスが殆どいないという感じだと思うんですよね。
選挙結果にも、よく出ていると思いますけど。
そりゃあ、「"みんな"に合わせましょう」で教育されてきているんですから、無理もない。

ってことで、「本来「政府」や「企業」の上の人が考えなきゃいけない話」(ココが今回の話で最も重要な部分です)だとは思うんですけど、
比較的、無理の無い落としどころを考えてみたいと思います。

まず、ロウについて。
「弱いからダメなんじゃない、弱いことを認めないのがダメなんだ」って一言で終わると思うんですよ。
例えば、「自分は収入は沢山要らないから、コンビニのレジ専門の店員として生きていきたい」という人がいて、
そうすると、最低限「レジを打てればOK」なわけですよ。
賃金の中に、「レジを打つ以外にも、初歩的な接客対応を求められる」というのが織り込まれていたら、話変わりますけど。
要は、「これだけの収入や権限が欲しいなら、これぐらいの仕事が出来なければいけない」というのがありまして、
それさえ出来て、あとは自分の周囲の人間に極力迷惑かけない様に生きていけば、そう問題ないと思うんですよ。
だから僕は、みんながみんな狂った様に勉強しなきゃいかんとも思ってませんしね。
ところが、ロクに出来もしないのに、やれイノベーションだの承認欲求満たしたいから目立ちたいとか、
頭大丈夫ですかって話なんですね。
これだけロウに染められて「思考能力」奪われているのに、イノベーションなんて無理に決まってますし、
承認欲求なんて、誰だって欲しいと思ってるんですよ。
それが、なんで「自分だけ沢山与えてくれ」なんですかね。
欲しいんなら、まずは落ち着く所から始めるしかないと思いますけど。

あと、本来ロウじゃなくてニュートラルじゃないと(公平な視点とジャッジが必要なので)な存在の、政府・マスコミ・警察・裁判関係・企業の上の人など。
冤罪とか、意図的に情報歪ませたりとか、ロクなことしか出来ないなら、
組織畳んでしまえとか思っちゃいますね。
まぁ、「何もしない」ぐらいが、一番良いんじゃないですかね、それなら出来るでしょ。
裁判になっても、「私は無能で、まともなジャッジ出来ないから、当事者同士で解決して下さい」と。
といっても、それじゃあさすがに困るから「学べ」ってことなんだと思います。
あと、アメリカや中国に負けない為にグローバル的にとか。
まぁ、勝てるわけないと思いますよ。
ココ http://yokichi.com/essay.html の、特に国際文化とかMBAの部分を読むと、特に良いと思いますけど。
全然違うんですけど、でもそれで良いんですよ。アメリカの思想が好きなら、アメリカに行けばいい。
でも、同じ様な国にしちゃったら、選択肢減っちゃうじゃないですか。
日本の強みとして、「治安の良さ」っていうのを武器にすれば良いんじゃないかって思いますけどね。
それなら、治安を求める外国人は、日本に来るでしょうし。

次に、カオスについて。
先に書いた様な、属人性を保とうと保身に走るのは論外として。
良い小説とかゲームとかアニメとかを生み出しているのは、カオスな人じゃないかと思うんですよね。
要は、真のクリエイターは、多分カオスが多いと思います。
まぁ、体調に気を付けて下さいとしか。
カオスな人はあんまり気にしないのかもしれませんけど、
やっぱり過負荷になりがちなんじゃないかと思いますので。

最後に、ニュートラル。
とにかく、母数が少ないというのが、最大のネックかと。
あと、さっきも書きましたけど、本来ニュートラルでなきゃいけない人が、見事にロウになっちゃってる所も。
なんで、母数が大事かというと、
ニュートラルな人間でも、「裁判官なんかしたくない」って人も当然いるわけで。僕もそうですけど。
でも、母数増えれば、自然と望む人も出てくるでしょうと。育つ環境違うんだし。

結論としては、ロウはロウのまま黙っているか、ニュートラルに教わったり自分で学ぶかして、
ニュートラルは、公平な視点やジャッジを意識して、ロウとカオスの調整にあたり、
カオスは、人々を感動させる様なモノを生み出すといった所じゃないでしょうかね。
あと、「教育」の改善が急務だなぁって所ですね。
教える人間が、上に立つ人間が、ニュートラルじゃないって時点で、既におかしいと思いますから。
メガテン、学校の授業に取り入れたらとか思いますよ、いやホントに。

さて、本題はここまでで最後に一つ。
実は、一人の人間の中には、ロウな部分もカオスな部分もニュートラルな部分も「共存」してると思ってます。
なんですけど、それは「ペルソナ(今やってる所)」をやってから、書きたいと思います。
あと、ロウとカオスとニュートラルは、思想軸(個人的には横軸(差が無いので)って言ってます)であり、
道徳・倫理観の軸(個人的には縦軸(差があるので)って言ってます)もあるんですけど、
これも、いつか書きたい所ですね。

とりあえず、現時点ではこんな風に思います。

参考:
真・女神転生?
http://www.amazon.co.jp/dp/B00BIYSEFA
寄るべきは 相手じゃなくて 己が腕
http://d.hatena.ne.jp/gallu/20090225/p1
秩序と混沌
http://www.geocities.jp/h0195012/rpg/law_chaos.htm